チケット入門

SoftLayer のチケット・システムは、お客様が SoftLayer サポート・グループと対話するための主な通信メディアです。SoftLayer_Ticket サービスは、個々のチケットの相互作用点を提供して、アカウントのすべてのチケットと SoftLayer_Account でやりとりすることができます。

リスト

すべてのチケットのリストは、SoftLayer_Account サービスから SoftLayer_Account::getTickets を使用して収集できます。このメソッドは、SoftLayer_Ticket データ型オブジェクトの配列を返します。

import SoftLayer
client = SoftLayer.Client()
tickets = client['Account'].getTickets()

さらに、SoftLayer_Account::getOpenTickets および SoftLayer_Account::getClosedTickets を使用して、オープン状態のみ、またはクローズ状態のみのチケットを取得できます。

詳細

特定のチケットに関する情報 (ID、最終変更日、状況など) を取得するには、SoftLayer_Ticket::getObject を使用できます。すると、SoftLayer_Ticket オブジェクトが返されます。オブジェクト・マスクを使用して、SoftLayer_Ticket のリレーショナル・プロパティーを組み込むことができます。下記に、SoftLayer_Ticket サービスで、getObject を使用して、割り当てられているユーザーの名前とすべてのチケットの更新のオブジェクト・マスクを指定する方法を示します。

mask = ('mask[id, title, assignedUser[firstName, lastName],'
                'createDate,lastEditDate,updates[entry],updateCount]')
return client[‘Ticket’].getObject(id=ticket_id, mask=mask)

作成

サブジェクトのリスト

チケットを作成する際、有効なサブジェクト ID が必要です。指定できるすべてのサブジェクトのリストは、SoftLayer_Ticket_Subject::getAllObjects を使用して収集できます。

subjects = client['Ticket_Subject'].getAllObjects()
ID SUBJECT
1001 'Accounting Request'
1002 'Sales Request'
1003 'Reboots and Console Access'
1041 'DNS Request'
1021 'Hardware Issue'
1022 'Public Network Question'
1061 'Private Network Question'
1201 'DOS/Abuse Issue'
1101 'Security Issue'
1121 'Hardware Firewall Question'
1122 'Hardware Load Balancer Question'
1004 'OS Reload Question'
1005 'Portal Information Question'
1081 'Licensing Question'
1141 'Mail Server Issue'
1161 'StorageLayer Question'
1181 'CDNLayer Question'
1221 'Transcoding Question'
1261 'Colocation Service Request'

チケット送信

新規チケットを作成するには、SoftLayer_Ticket::createStandardTicket メソッドを使用します。最初に、チケットの詳細が入った SoftLayer_Ticket テンプレート・オブジェクトが作成されます。すべてのチケット・テンプレートで、少なくとも以下のプロパティーを定義する必要があります。
• subjectId: チケットのタイトルに使用されるサブジェクトの ID
• assignedUserId: チケットに割り当てられているユーザー。通常はチケット作成者に設定されます。
テンプレート・オブジェクトと最初のチケット・メッセージの内容を指定して、SoftLayer_Ticket::createStandardTicket を呼び出すことができます。

import SoftLayer
client = SoftLayer.Client()
currentUser = client[‘Account’].getCurrentUser()
new_ticket = {
       'subjectId': ID,
       'assignedUserId': currentUser['id']
}
created_ticket = client[‘Ticket’].createStandardTicket(new_ticket, “This is the content of the ticket xxxx”)

更新

チケットを更新するには、SoftLayer_Ticket::addUpdate を使用します。テンプレート・オブジェクトを指定する必要があります。

ticket_update = {
                 'entry': "This is a test update, please ignore",
                 }
tickets = client['Ticket'].addUpdate(ticket_update, id=8988302)